ハイパフォーマンスな整骨院を創る 株式会社ラポールスタイル

03-5791-2400

無料メール相談

無料会員登録

カーブス VS 治療院

2018.04.23

カテゴリー:【治療院経営】今冨貴夫

ご挨拶

株式会社ラポールスタイル代表今冨貴夫です。女性専門のフィットネスクラブ『カーブス』をご存知でしょうか?2017年6月末時点で全国に1801店舗を出店し、会員数は80万人を突破した今最も勢いのあるフィットネスクラブです。近い将来カーブスの出店スピードは飛躍的に伸び、治療院を運営している先生方にもカーブス包囲網が出てくるのではないかと私は考えております。これから迫りくるライバルに勝つために治療院を経営している先生が今やらなければならないことを本日のブログでは解説していきます。
 

カーブスの顧客層

10代:1%
20代:2%
30代:3%
40代:11%
50代:26%
60代:37%
70代:18%
80代:2%
 
カーブスの年齢層は上記になります。治療院経営とは年齢層が違いますが、年配の方々のサービス利用率が高く月額制となっているため、安定した収益を得ることができるモデルとして注目を浴びております。そのためフランチャイズ加盟店が毎年増え続けており、日本での展開を拡大するとの噂を耳にしました…。

カーブスが総合事業を実施する!?

カーブスは女性専門のフィットネスクラブとして躍進しておりますが、フィットネスクラブというメインサービスだけでなく二毛作を行う上でとても充実した環境が整っております。そこで今後力を入れていくことが噂されているのが先日のブログで解説させて頂いた『日常生活支援・総合事業』になります。総合事業は、要介護人をこれ以上増やさないようにするために2018年4月より全国の自治体で開始された新しいサービスです。具体的には『65歳以上の元気な高齢者』を対象に介護予防運動を行うことで、介護人がいなくても元気に生活できるようにするためのサービスです。

まさにカーブスのために総合事業が開始されたのではないかと思うぐらいカーブスを利用している客層とサービスがマッチしております。つまりカーブスが総合事業に名乗りを上げることで、国としても要介護人がこれ以上増えないよう対策を図ることができるため好都合となります。

プロの治療家に正しい運動指導をしてほしい!

私的な意見でありますが、治療家は痛みの改善を行うことが仕事であります。ただ、痛みの根本改善を図るためには治療後の日常生活の指導や運動指導が必要不可欠であります。身体のプロフェッショナルとして日々勉学に励んでいる先生方が行う運動指導と素人が行う運動指導には歴然の差があります。今後の将来のことを考えると人口ボリュームが多い団塊の世代・団塊の世代ジュニアのサポートをすることは治療院を運営する上でとても重要です。だからこそ治療院併設型の介護事業(総合事業)にもっと目を向けないと後期高齢者の患者層がほとんど『フィットネスクラブ併設型総合事業』を運営する事業所に奪われてしまいます。
 

骨盤矯正や産後骨盤矯正なども大切ですが…

骨盤矯正や産後骨盤矯正などの矯正治療をメインメニューとして治療院を運営される先生方も大変増えておりますが、圧倒的に人口ボリュームが少ない客層を治療院同士で奪い合っている状況が確認できます。専門分野に特化していくことはとても大切なことでありますが、市場が小さい所でなおかつライバルが多い市場は短命で終わってしまいます。だからこそ二毛作経営が治療院経営には必要だと私は感じております。前回のブログでは治療院併設型総合事業を推奨しておりますが、その理由は市場規模が大きいのと参入障壁が低いそして新規事業所の登録数に限りがありますのでライバルが少ない点が大きなメリットになります。もちろん総合事業ではなく、二毛作、三毛作経営ができるのであれば他のサービスでも構いません。現在の治療院経営を強靭な骨太体制に変革するために今新しくできることにチャレンジして頂ければ幸いです。

二毛作、三毛作経営はこのような手法もあります!

治療院を運営しながら二毛作、三毛作経営を行うことで強靭な骨太な体制を作っている院の一例を紹介させて頂きます。以下は電子書籍になります。電子書籍は通常の書籍よりも簡単に登録申請を行うことができ、無料で出版することができます。治療家の権威性を高めるツールとして最適です。画像の一番下の赤枠で囲われている書籍は『¥0 kindle unlimited』と記載されております。これはkindleの月額会員になっていると100万冊以上の電子書籍を無料で閲覧することができるサービスになります。つまり出版をする際に無料で閲覧することができるように【する・しない】を選択することができるのです。
 
では無料で閲覧できるように選択した場合、メリットはあるのでしょうか?
もちろんあります。メリットはダウンロードした方の顧客情報を手にすることができることです。例えば頭痛の書籍を出版すると過程して解説しますと、出版をする際に無料で閲覧できるよう設定をします。無料で閲覧できるのであれば、全国の頭痛で困っているお客様が電子書籍をダウンロードする機会も多いと思います(※顧客リストを獲得)。その顧客リストに対して『頭痛が改善できる枕』の販売をすることができればこれも二毛作経営になると思います。
 


 
※実際に全国の頭痛で困っている患者様に対して枕を販売している治療院も増えてきました。ただ、電子書籍などを利用して宣伝しているところはほとんどありません。だからこそ他の方が実践する前に、先生が実践して頂ければ権威性も高めることができますし、強靭な治療院経営を行うことにも繋がります。本日のブログを通して二毛作、三毛作経営を実践するきっかけを作ることができれば幸いです。
 

【NEW】治療院併設型総合事業

ラポールスタイルサービス一覧

社会貢献事業

株式ラポールスタイルの会社概要

【会員限定】医療機関の経営に必要不可欠な無料ツール

整骨院用

Page Top